ホーム > いながき清也のブログ > 行政・個人視察アーカイブ

いながき清也のブログ

日本の政治の行方

「みのもんたの朝ズバ」
のコメンテーターとして活躍中の
毎日新聞者論説副委員長の
余良 正男(よら まさお)さんによる
「日本の政治の行方」と題した講演を聴きました

印象に残ったのは

長い間、政権交代の必要性をメディアを通して、声高に訴えてきた一員として
政権交代から一年間が経過した現在
皆さんに対し大変、恥かしく、申し訳ない思いをしている

現政権は、経済、外交問題等
その日暮らし内閣と言わざるを得ない
内閣、官邸は一日一日を肩で息をしている
見ていて大変、不安である

しかし、政治として最も問題なのは
国民の考えからズレていることを理解していない

財源の裏づけがなく作ってしまったマニュフェスト
まずは、責任をはっきりし、謝ることが必要

小沢さんなんて問題外、屁理屈を言っているだけ

米中間選挙で大敗したオバマ大統領は
「すべて私の責任である」と発言したのとは大違いだ

 

 

一般の我々からすると、当たり前の事なんですけどね

小松加賀広域斎場

現在、小松市日末町で建設中の小松加賀広域斎場の建物部分が完成したので見学に行ってきました
周辺設備、アクセス道路はまだ完成しておりません
小松市と加賀市で現在使用中の斎場(火葬場)の老朽化に伴い
両市における建設費、運営費の財政的負担軽減を図る為に共同で建設されているものです
予算は
建物建設費  21.5億円
外溝、周辺道路 6.5億円 (高速道路の橋脚含む)
合計28億円です
建物外観は火葬場には見えないような素敵な造りで
火葬設備も最新式IT制御であり、煙突もありません
最後のお別れをする告別室、炉前ホール、集骨室も動線やプライバシーを考慮した造りになっており、待合室も余裕をもって建設されております

  20101001105511.jpg 
炉前ホール(右の扉の中で火葬となります)

20101001105832.jpg
火葬炉(上記の裏側)
一機あたり約5,000万円で8機あります

当然、行政が担うべき役割でありますが

正直、財政的メリットを考慮して建設するのであれば、もっと質素でも良いのではないかと感じました
今後は使用料金等の議論がなされると思いますので十分に審議をしようと思います
共用開始は来年の7月頃の予定であります
使用開始をしますと施設の性格上、見学は難しくなると思います
税金で造られた施設です、一度ご見学をされてはいかがでしょうか

 

公立能登総合病院視察

8月9日月曜日 病院事業特別委員会にて

七尾市にあります公立能登総合病院へ視察に行ってまいりました

公立能登総合病院は7月の始めの新聞にて大きく取り上げられました

全国の公立病院の7割が赤字のなか

11年ぶりに(09年度)黒字に改善されたとのこと

お忙しい中を、当方からの質問項目に丁寧にお答えを頂きました

 

平成17年にこのままいくと病院が潰れるという危機感から

医師や看護士、職員すべてが経営的な感覚をもって

改革にあたった

公立病院であり、市民が自分達の為に作った病院である

市民が自分達の病院を育てていく意識を持つ(病院広報を全戸配布している)

地域の先生方(開業医)との医療連携を促進させ、高度医療の割合を増やし

医業収益(売上)を増加させた

収益の改善は売上の増加による所が大きい

 

公立病院の役割は、本来なら利益を度外視しても住民の健康を

守るべき公的な使命を有する

しかし、赤字であれば税金より補填をおこないますし、最悪は存続も危ぶまれます

 

病院の意識改革、地域内連携、市民の医療問題への理解と協力

そして行政の主導

安心できる医療体制の構築にはすべてが欠かせないように感じました

 

 

個人視察「市町村財政分析」

100522.jpg

平成22年5月23 日~24日にかけて、東京都日野市で開催されたNPO法人多摩住民自治研究所主催の セミナー「よくわかる市町村財政分析」に参加してきました。二日間延べ10時間をかけ、講義に演習も交え、財政資料の見方、財政指標の意味、財政改善の手 立て等を学びました。一日目の終了後には夕食後に行うよう宿題も出ました。
決算カード(全国統一フォーマットの市町村の決算書)を見る際のポイント等、大変勉強になる事が多数ありました。しかしながら、市町村の財政についてはまだまだ奥が深く、身について理解が出来ていない事を感じており、もっと勉強が必要であると認識もしました。

行政視察「病院事業特別委員会行政視察」

CIMG0143.JPG

平成22年2月17日~18日にかけて、病院事業特別委員会6名にて行政視察に行って参りました。一日目は新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院。二日目は富山県朝日町立あさひ総合病院に伺ってきました。両病院とも医師不足という地方病院が抱える問題は我々と同様であり構造的な問題であることを再認識しました。経営的には厳しい実情の中、魅力のある病院作りをする為に事務局長さんを筆頭に職員が熱く日々取組んでおられるお話を聞き我々も参考とさせて頂く事が多くありました。

個人視察「市町村議会議員セミナーに参加」

平成22年1月7日~8日の二日間にかけて、一期、二期議員の5名で滋賀県大津市の全国市町村国際文化研修所で行われました研修会に参加しました。
「分権改革の新展開と自治体の議会・議員に求められるもの」と「地域の特性を活かしたまちづくり」というテーマでの講演会とパネルディスカッションを拝聴しました。
目指すべく地域主権の本質について勉強し、地域再生の当事者はやはり住民と市町村であると言うことを再確認しました。
予断ですが研修所の部屋のユニットバスは体の大きい私にはとても狭かったです。

 100101.JPG

ブログ アーカイブ

気持ちはいつも普段着で。 いながき清也のブログ

加賀市議会事務所

〒922-8622
石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地
TEL:0761-72-7965
FAX:0761-72-5305
MAIL: info@inagakishinya.com